月別アーカイブ: 2019年8月

バストアップしたいならまず見直すのは生活習慣てほんと!?

バストアップと生活習慣。

関係あるような、いやそれでも関係ないんじゃない?と思う人が多いのではないかと思います。

でも、実はバストアップに一番大事ともいえるのがこの生活習慣なんです。バストだって体の一部。生活習慣によって変わるのは当然と言えるでしょう。

バストアップに大きな影響を与える生活習慣とは具体的にどんなものがあるのでしょうか。

まず、第一に挙げられるのが規則正しい生活です。その中でも、睡眠の質と時間にはこだわるべき。

睡眠中というのは、私たちの体の中で「成長ホルモン」が分泌されています。バストも体の一部ですから、成長ホルモンがしっかり分泌されないとバストの成長も阻害されることになるのです。

また、成長ホルモンだけではありません。睡眠不足が続いたり睡眠の質が悪くなったりすると、ホルモンバランスが崩れてしまい、女性ホルモンの分泌に影響を与えてしまいます。バストアップには女性ホルモンも大きな役割を果たしているというのはご存知の方も多いでしょう。睡眠の質を保つ、そしてしっかり十分な時間の睡眠をとることで、バストアップに必要な女性ホルモンの分泌をしっかり整えることができるのです。

同様に、ストレスもバストアップの大敵です。ストレスもまたホルモンバランスを崩す一因となります。現代社会ではストレスなしというのはまず難しいと思いますので、ストレスを抱えてもそれを溜め込まない工夫が必要になってきます。自分の好きなことをして定期的にストレスを発散する、または、運動などを日課にすることもストレス発散にはいいでしょう。

とにかく、ホルモンバランスを整えるというのはバストアップを目指すなら絶対に押さえておくべきポイントなんですね。

そして、体の巡り(血行など)をよくするということもバストアップには大事な要素です。

血行が悪いと体のすみずみまで栄養を行きわたらせることができません。バストも栄養が届かない限りは成長することはできませんので、しっかりと日々の栄養を届けるように血行を良くすることが大事です。

血行をよくするためには、先ほどお話した睡眠ももちろん大事。それに加えて、運動をしたり、湯舟にしっかりつかるなど、代謝をあげるような工夫を日常的に取り入れるようにしましょう。

バストアップには食べ物も大事という話を聞いたことがあるかもしれません。よく言われるのが、大豆製品をとること。大豆に含まれるイソフラボンが女性ホルモンと同じような働きをすることが分かっているので、バストにプラスの働きをしてくれるからというのがその理由です。

確かに大豆イソフラボンは女性ホルモンをサポートしてくれるのですが、とりすぎには注意も必要です。バストにいいからと大豆製品ばかりに偏って食べるようになると、反対にホルモンバランスの乱れを引き起こす可能性もあるからです。

大豆製品と同様にバストにいいといわれるのが、鳥の胸肉など。たしかにたんぱく質が豊富なので体にはいいのですが、大豆製品とは違って取り立ててバストにいいという科学的な根拠があるわけではないようです。イメージ的なものではないかと思います。

ただ、一つだけ言えるのは、バストアップにいいからといって特定の食品だけにかたよって食べるのは絶対にNG。栄養が偏ってしまうことで、バストの成長に必要な栄養素まで摂取することができなくなってしまうからです。せっかくバストのためにと思っても、逆効果になってしまうということが往々にして起こりうるのです。

このように、生活習慣というのはバストにとても大きな影響をあたえるのです。特に難しいことを習慣として取り入れるということではありません。

ただ、生活のリズムや、特に睡眠には気を付けることが大事です。

睡眠の重要性は想像以上です。十分な時間だけでなく、睡眠の質を保つということも大事。ぐっすりと深い眠りで体を休めてあげることがとても重要なんです。

最近人気が高いナイトブラも睡眠を助けるアイテムとして使えるでしょう。ナイトブラは寝ている間にバストが動かないように固定するためのものですが、それ以外にも快適な睡眠をサポートしてくれるという効果もあります。ナイトブラにはいろんな効果がありますので、ぜひ試してみるといいでしょう。

参考:40代でもナイトブラは効果ある?

バストアップしたい人は、少し時間がかかるかもしれませんが、結局はこのように生活習慣を見直していくということが遠回りのようで一番の近道ということも覚えておいてください。