月別アーカイブ: 2018年12月

大きな胸を手に入れるならバストアップサプリ?マッサージ?ツボ押し?どれがいい?

胸の大きさというのは女性にとって永遠の悩みですが、放っておいてバストが自然と大きくなるということはありません。成長期ならともかく、大人になってからバストアップをしようとするならば、それ相当の努力が必要です。

バストアップの方法としてずっと人気が高いのは、バストアップサプリでしょう。バストアップサプリは、女性ホルモンと同じような働きをする成分をサプリで摂取することで、乳腺の発達や女性らしいボディラインの実現をサポートするというものです。

バストアップサプリの成分で一番有名なのは、やっぱりプエラリアミリフィカでしょう。タイ原産の植物で、植物性エストロゲンという女性ホルモンに似た働きをする成分がかなり高濃度で含まれています。

純度の高いプエラリアミリフィカは値段も高く、その代り効果も非常に高いということで、女性らしいボディラインを目指す人達の間では大人気のサプリです。実際にバストアップしたという人もたくさんいますよね。

ただ、高い効果の裏側にはリスクもあるということをお忘れなく。特にこの数年で、プエラリアミリフィカのサプリを服用したあと副作用が出たという報告が後をたちません。国民生活センターに報告されているだけでも何百件もあるんです。

主な症状は、生理不順や不正出血、胃腸の不調や、皮膚の発疹など。もちろん、プエラリアミリフィカのサプリを服用しても副作用が全然でなかったという人もいます。ですが、特に婦人科系の副作用は怖いので、できれば副用は避けたいところですね(実際、厚生労働省からも「できれば副用しないのが好ましい」という見解が出ています、禁止ではないですけどね)。

プエラリアミリフィカよりも作用はやや弱いですが、その分副作用のリスクも低いのが、イソフラボンやエクオールのサプリです。イソフラボンやエクオールも植物性エストロゲンを含み、女性ホルモンのような働きをしてくれますので、サプリを使うならこれらの成分のものを選んだ方が、効果も期待できつつ安全性も高いのでおすすめです。

バストアップサプリと並んで人気が高いバストアップ方法は、クリームを使ったマッサージです。

特に、この数年で人気が出てきたのが、ボルフィリンという成分を配合したバストアップクリーム。マッサージ用のクリームではありますが、このボルフィリンが塗った部分の脂肪組織をピンポイントで増やしてくれるというすぐれた働きをしてくれるのです。

バストの大部分は脂肪です。なので、バストにボルフィリン配合のクリームを塗ることで、バストの脂肪を増やすことができる=つまり、バストのボリュームアップが可能になるというわけです。

そして、このクリームのいいところは、塗った部分以外の脂肪は増やさないということ。バストだけ脂肪を増やして、お腹とか背中など脂肪をつけたくない部分にはまったく影響しないのです。よけいな脂肪は増やしたくないけど、バストだけボリュームアップしたいという女性にはピッタリですね。

ただ、いくら脂肪が増えるといっても、いきなり2カップも3カップも大きくなるわけではありません。時間をかけて数パーセント増えるようなイメージです。

なので、ボルフィリン入りのクリームを塗ったから明日からサイズアップ!などと短絡的に考えずに、地道にマッサージにも取り組むことが大事ですね。

そして、この数年で人気が高まっているのは、ナイトブラを使ったバストアップ方法です。

ナイトブラは、夜寝るとき専用のブラ。昼用のブラとは作り自体が違っていて、寝ている間のバストの形をキープするほか、脇などのお肉をバストへと集約させることでバストアップをサポートしてくれるという働きがあるんです。

ナイトブラのいいところは、締め付けの強ささえ間違えなければ、体への悪影響が極端に少ない(ほぼない)ということ。

体内になんらかの成分を取りいれるわけではないので、安全性は圧倒的に高いです。

また、続けやすいというのもポイントです。つけて寝るだけでいいので、習慣にしやすく、面倒くさがりの人でも簡単に取り組めます。継続こそがバストアップの最大の秘訣なので、その点でナイトブラは一番継続が簡単なアイテムと言えるでしょう。

ただ、最近ではナイトブラ人気のために千円以下で買えるような激安ナイトブラなどもよく見かけます。安いから悪いというわけでもないでしょうけれど、私が試した中ではやっぱり激安のナイトブラは機能的にも一段二段落ちるものが多かったのも事実。つけていてもバストを守ってくれない・脇のお肉をバストへ集中することができないといったものも多くありました。

ちゃんと効果がある機能性が高いものを選ぶべきですね(参考に、効果で比較したナイトブラもチェックしてみてください)。

バストアップサプリでも、クリームでも、ナイトブラでも、自分の体に合うものを選んで使うのが大事になってきます。そして、続けやすいかどうか。長く続けられるバストアップ方法さえ見つけることができれば、あなたのバストも期待以上の成長を見せてくれるはずです!

30代になったらバストケアに本腰を入れて!まだ間に合うバストアップ法

30代になると、バストにも20代のころとは違った変化が表れ始めます。

その典型が、垂れ。バストが垂れてきたと感じている30代は全体のなんと7~8割にものぼるのです。ここでしっかりケアできるかどうかが、40代になって手遅れにならないための大事なポイント。

バストが完全に垂れきってしまう前に、本当におばあさんバストになりたくないなら、30代のうちにしっかりとしたバストケアを始めるようにしてください。

バストアップだってまだまだ間に合うのが30代です。この時期にしっかりケアできるかどうかで、バストが復活できるかどうかがかかっているのです。

バストが垂れ始めると感じるのは、早い人だと30代前半から。多くは出産を経験して、授乳が終わるとほぼ確実に「バストが垂れてきた」「しぼんできた」と感じるようです。もちろん個人差はありますが、人間の体の仕組み上ある程度授乳期を終えた母親のバストがしぼんで垂れてしまうというのは自然の摂理とも言えます。

子どもを産んでいない、授乳もしていない、そんな女性でもバストが垂れてくるリスクはもちろんあります。授乳してないから垂れないはず、、と高をくくっていると、気が付くとだらんと垂れた残念バストになってしまいかねません。

その最大の理由は「重力」。バストは脂肪でできているので、ある程度重みがあります。この重さを支えるためのクーパー靭帯という組織がバストの内部にあるのですが、年齢とともに重さを支えるためのクーパー靭帯が伸びてくると、支えきれなくなってバストが垂れてくるというわけです。ハリがなくなるのもこれが原因のことが多いですね。

こうしたバストの変化は、ある程度は年齢的なものとして仕方がないと受け入れざるを得ないのですが、それでもガッツリと垂れてしまう前にできることはたくさんあります。

まずは、バストをしっかり守ってあげること。これには当然のことながらブラジャーが重要な働きをします。ブラのサイズが合っていないとか、しっかりとホールドできないようなブラを使っていたりすると、バストは重みに耐えきれなくなってクーパー靭帯が伸びて支えを失い、垂れていくのです。

「私はバストが小さいから重さなんて関係ない」と思う人もいるかもしれませんが、垂れは何もバストが大きい人だけの問題ではありません。小さいのに垂れることだってあるんです。それは、先ほども言ったように、バストを支えるクーパー靭帯がしっかり作用しているかどうかということ。小さい胸でもクーパー靭帯が伸びてしまっていたら、やっぱりバストの重みを支えられないのです。そうすると、必然的にバストは垂れてきてしまいます。

また、ほとんどの方が昼間はブラをしていると思うのですが、夜寝るときはノーブラだったりするのではないでしょうか。

実は、夜寝ている間もバストは動きます。寝返りを打つときだけでなく、例えば仰向けで寝相よく寝ているとしても、バストは昼間の起きているときとは別の方向へと動いてしまいます。それは「横」。脇の方へと流れてしまうんですね。

これもまた、バストの垂れの主要な原因となります。昼間はばっちりバストを守っているにもかかわらず、バストが垂れ始めたと感じるのであれば、それはほぼ間違いなく夜寝ている間のバストの横流れが原因でしょう。

なので、夜寝るときにも専用のナイトブラをつけるのがベスト。昼用のブラはワイヤー入りで締め付けが局部的にきついので、体にストレスを与えることになるため寝るときには使わないようにしましょう。夜専用の、ワイヤレスのナイトブラがいろんなメーカーから発売されているので、うまく自分のバストにフィットするものを選んで毎晩着けて寝るようにしてください。

選び方は、こちらのサイトを参考にしてみてください⇒30代おすすめのナイトブラはどれ?

ブラひとつでもバストの垂れを防止することはできるんです。そのためには、しっかりと選び方を間違えずに、また、ナイトブラを習慣にすると言うことも大事。30代になってしまったらバストにハリを与えてバストアップすることなんてもう無理かもと思うかもしれませんが、昼間のブラ&ナイトブラをしっかり選んで正しく着用することで、いくらでも取り戻すことはできるんです!